肖像画・年表

▶ 夫妻の肖像画(圓龍寺所蔵) 





▶ 宮部円城師の生家(法信寺)

 ・宗派名が「真宗東派」となっているが、理由は下記のごとく

 ・明治5年に東西本願寺派で宗派名を東派と西派とすることで確認したが、西本願寺は本願寺派と名乗る

 ・東本願寺派約束通り東派としたが、明治11年頃に真宗大谷派と改めた


▶ 年表

宮部圓成  みやベ・えんじょう (1854~1934) ・・・豊橋百貨事典、他より


・嘉永  7(1854)年4月9日、近江国浅井郡宮部村(滋賀県長浜市宮部町)の法信寺に生まれる

元治元年(1864)、漢文国学和蘭学を小桐宗伯に学ぶ

・慶応 2年(1866)4月倶舎論を蓮元慈廣師に学ぶ

明治  2(1869)3月京都知積院にて唯識を学ぶ

明治  5(1872)推挙されて真宗会議所の幹事に任命される

明治  7(1874)4月大阪師範学校大津傳習場を入学3ヶ月で甲種卒業

明治  9(1876)4月長浜に大谷派小学校が設立、教授方を命ぜられる

明治10(1877)4月備中国江原興譲館にて7ヶ年漢文を専修する

明治16(1883)3月興譲館経書課歴史課詩文課の全課を卒業する

明治17(1884)4月真宗高倉大学寮に入学

明治19(1886)7月19日真宗高倉大学寮の専門部を卒業、以来毎年高倉大学寮で聴講

明治21(1888)6月9日井上円了の洋行に同行で横浜港から出港(初代金之助の支援あり)

・明治23(1890)4月上旬井上円了の帰国の2ヶ月前に帰国

明治36(1903)2月特選賛衆に列せられ、教学商議員を命ぜられる

明治39(1906)10月東本願寺法主現如上人の特命により、圓龍寺初代住職に任命された

           (兼務の住職が圓成師の前に二人います)

大正11(1922)11月総会所布教係を命ぜられる

昭和  6(1931)東本願寺宗務顧問となる

昭和  9(1934)10月22日亡くなる(亡くなる前に権僧正(上から4番目)に任命さ れる

昭和12(1937)1月圓龍寺境内に座右の銘としていた「みてござる」の碑が建てられた

*明治22年の圓成師の洋行には初代金之助が支援をしており、圓成が圓龍寺の住職となったのは、金平と

 初代金之助の意向が強かった


▶ 神富殖産㈱とのやり取り

 ・神富殖産㈱の大量な情報が、三重県総合博物館に収録されており公開されてます

 ・作成にあたっては、三重県総合博物館の所蔵資料検索データベースを利用いたしました